#教育 Tumblr posts

  • Edukasi anda terhadap anak adalah tipe “Jangan melakukan sesuatu” atau “Apa yang kamu ingin anak lakukan”?

    您对孩子的教育是“不要做什么”或“希望孩子做什么”的类型呢?

    Your education towards children is the type “Don’t do something” or “What do you want the child to do”?

    Translated and shared by @tosharewithyou.today

    #edukasi #edukasianak #parenting #教育
    https://www.instagram.com/p/CG2hYc7HMct/?igshid=15ldci9lajf1y

    View Full
  • 大学入試 新古文単語336
    150点以上のイラストをAUNが担当してますーー
    古文だからその時代の衣装の人物や建物をたくさん描いたよ

    最新入試・関連語で最新の大学入試に対応
    古文単語をなかなか覚えられない、あなたにおすすめ。五七五のつぶやきとビジュアル解説で、古文単語をつぶやきながら、見て・楽しく覚えられる単語帳です。
    見出し語は、古文読解に不可欠、かつ、大学受験にも十分対応できる単語336語を厳選しています。さらに、コラムでは出家・恋愛・結婚などの古典常識をイラストでわかりやすく解説、付録も慣用句(連語)、和歌修辞の項目など満載です。

    大学入試 新古文単語336

    View Full
  • Flyer design and illustration for educational events.
    教育イベントのためのフライヤーデザインとイラストレーション制作。

    View Full
  • 例のごとくいつか使うかもしれないと書いたメモ

    • ローダ・ケロッグの『児童画の発達過程』は、幼児教育・保育における表現活動を理解する上で、有名な著作の一つです。
    • では、なぜこのケロッグの著作が有名になったのか。
    • 一番大きな功績は、子どもの描画活動の教育的価値を見出したことです。
    • 現在においても、子どもの絵は幼稚な物であり、価値のない物であると見られがちです。幼児期は頭足人や拡大表現のように、実際に目の前にあるモノをデッサン的に表現することができないと見られます。つまり、子どもの描画は大人が描く絵画の土台にはなりつつも、それが技術的に「なっていない」ものであるとされます。
    • 3歳までの子どもの描画表現で多く見られるのは「スクリブル」と呼ばれる、画用紙の上にひたすら鉛筆でぐるぐると書き殴ったような表現様式です。
    • それを見る大人たちはこれを「落書き」として、子どもたちにもっと意味のある何かを表現するような絵を描かせようとします。
    • しかし、ケロッグはこれこそ子どもが自らの表現様式を獲得していくはじめの一歩であると言います。
    • 子どもたちはスクリブルを行うなかで、描くことそのものの楽しさだけではなく、モノを思うように動かすための筋運動を獲得していったり、描かれたもの(自分が描いてしまったもの)を表現様式として取り入れたりしているのです。
    • まず技術的な話をしましょう。子どもたちは、たくさんスクリブルを描くことにより、描きたいように描くための身体運動のスキーマを手に入れることができます。まず「こんな風に動かしてみたらこんなものが描けた」という経験を積み重ねます。これは、時間をかけて獲得するものであり、そのためには子どもたちが満足するまで十分な時間をとって描画活動を行う必要があります。
    • 子どもたちがそのようなスキーマを手に入れることは、その後の文字を書くことにもつながります。真っ直ぐな線を引く、必要なところで曲げる、丸く書く、はらう、はねる、、、いずれも細やかな筋運動が必要です。そして、これらはいきなりできるようになるではありませんし、子どもたちにとって文字を「描く」のが楽しいから成立していくものです。文字の獲得は、教師が権力を使って訓練のように教えていくこともできるでしょうが、それは幼児教育の理念には則りません。文字であれば例外的に訓練が許されるという風潮もありますが、反論されれば分が悪い考え方です(何故それが当たり前のように罷り通っているのか不思議でなりません)。
    • それらを込みで考えていけば、スクリブルの時期は大変重要な時期です。今見てきたように、子どもは十分にスクリブルをすることで、描き方を自らの身体に落とし込んでいくのです。
    • 次に内面の話をします。初期のスクリブルは運動的快であって、意図して描いているわけではありません。そして、初期のスクリブルで、子どもは自分が「描けてしまったもの」を見ることになります。子どもは自分の運動の結果をまじまじと観察することがあります。
    • そして、スクリブルを続けているうちに描けてしまったもののなかに規則性を見出し始めます。つまり、「描くという動作」から「描いたもの」へと興味が移り始めるのです。
    • 「さっき描けてしまったもの」「実際にあるもの」を描いてみたい。ここで、再現(representation)への要求が新しくはじまっていく過程を知ることになります。なぐり描きは身体運動と、紙の上に残されたその結果としての因果関係をますます失い、対象物に関係する再現へと移り変わっていくのです。
    View Full
  • 皆さんこんにちは🏵
    YAMANE&LILY SQUAREです。

    金木犀が一気に花を散らし始めました😳

    箒で掃いたそばから花が落ち、
    2時間後には元に戻っていました😂

    これから少しずつ冬支度が始まります。
    皆さんもご自愛くださいね☺️

    #茨城県 #水戸市#リリーアカデミーグループ #リリー文化学園 #ウォーターリリー #山根小学校  #廃校活用 #リノベーション  #カルチャースクール #ウォーターリリーカフェ #カフェ #シニアスポーツジム #スポーツジム #小学校  #カルチャースクール #学童 #茨城ママ #水戸ママ #育児 #教育 #金木犀 #秋 #銀杏 #紅葉 

    YAMANE&LILY SQUAREでは、
    新型コロナウイルスの感染対策として、

    ●手指用アルコールの設置
    ●こまめな手すりやドアノブ等の消毒
    ●室内の換気(講座のレッスン中も随時)

    をさせて頂いております。

    講師・スタッフもマスクを着用し、
    感染拡大の予防につとめておりますので
    ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。

    今後も
    行政から新たな感染拡大予防の対策の要請があった場合、随時対応してまいります。 (株式会社ウォーターリリー)
    https://www.instagram.com/p/CGSFhMontJr/?igshid=9opp55j3sghs

    View Full
  • 『気合い満点💯』
    昨日は、空手にボクシング🥊、
    沖縄の文化に好奇心旺盛過ぎて、リアル体験してます😄

    お陰様でぐっすり眠れました💤w.

    今日も元気にいきましょう!😄🙌
    .
    #地球で遊ぶ
    #沖縄の文化
    #触れる
    #自然
    #パワースポット
    #空手
    #エイヤー
    #教育

    https://www.instagram.com/p/CGBWGT1jazG/?igshid=vvkixvorposa

    View Full
  •  三浦半島東部、東京湾に面した山林、面積3.8haの敷地にある馬堀自然教育園。自然環境に恵まれ、、市民ボランティアの協力のもと、自然環境の保全や水辺環境の再生、さらには三浦半島では希少となった動植物の育成にも取り組んでいる。タブノキ、スダジイ、オオシマザクラなどの三浦半島を代表する樹木が生育し、ゲンジボタルとヘイケボタル、トウキョウサンショウウオなどが生息している。住所神奈川県横須賀市馬堀4-10-3TEL046-841-5727WEB…

    View Full
  •  天神島臨海自然教育園は、三浦半島の代表的な海岸の自然環境を保護。天神島のハマオモト(ハマユウ)は、1953年、神奈川県の天然記念物に指定された。1965年には天神島の一部と沖の笠島、周辺水域を含めて名勝・天然記念物に指定された。天神島ビジターセンターでは、佐島・天神島周辺の歴史や年中行事、地元の漁法や、村の暮らしを学習できる。また、植物・海草・海藻・昆虫・貝類などの標本、相模湾に流れ込む黒潮の様子も紹介されている。住所神奈川県横須賀市…

    View Full
  • 2020 山梨学院高等学校 GUIDE BOK

    Keep reading

    View Full
  • 【写真:米島虎太朗君撮影】

    2020/09/21

    『君よ、恐れることなかれ』

    少々長い文章、許してね。ある知り合いの青年に対して書いたものです。よかったら、読んでみてください。 『君よ、恐れることなかれ』

    秋の気配も感じられる今日このごろ、永い永いコロナ禍の中、僕らの中に必要以上に何者かに恐れる感情が増幅されているような気がします。

    他者の評価が怖い。どう見られているのかが怖い。失敗したくない。完璧でいたい。間違いをなくしたい。常に不安なので、何事も消極的にしかできない。顔色を伺う。空気を読むというより、むしろ先回りして忖度する。冒険しない。傷つかないための努力をおしまない。見て見ぬふりをする。同調圧力というより、むしろ自ら進んで同調していく。SNS等での匿名の顔なし発言では、誰よりも威勢がいい。内容よりも見かけが大事。努力より要領が大事。プロセスより結果が大事。人を騙すより騙される方が怖い。だから、間違いたくない。失敗したくない。

    こうした心理的循環(Circulation)は、現在日本のみならず世界で蔓延している類似状況のような気がしますが、特にこの国では、「不安」→「消極性」への繰り返す循環が顕著のようです。その背景に、日本特有の「隣組」的な同調圧力が今もなお根強く存在することが、昨今のコロナ禍でも明白です。

    よく言われることですが、現代日本の原型は明治の開国時にあります。

    江戸と現代はどうも一直線には繋がっていないようです。それは明治の開国期が、日本に対する欧米列強による植民地支配の第一回目に対応していることから明らかでしょう。欧米の価値観の流入により大幅に外面的な様子と価値観の細部が影響を受け変化したわけです。そして1945年の敗戦時に米国による更なる植民地化によってこの傾向が進みます。これが二回目の植民地化です。

    この辺りから、日本人は極端に、もしくは、必要以上に「失敗を恐れる」ようになり、「他者に同調する」傾向が強まったのではないかと推測します。というのも、江戸期の日本人はもっとばらばらで、いい加減で、適当だったことが、例えば歌舞伎の歴史的な推移からも見て取れます。歌舞伎の主要な観客であった町人たちはいい加減に歌舞伎を楽しんでいたので、江戸期の歌舞伎は町人の楽しみだったわけですが、明治以降、劇場が枡席から椅子席へ変わり、プロセニアムという額縁舞台になり、まるでクラシックのコンサートのように静かに鑑賞するものに変わりました。ここでは適当もいい加減も大騒ぎも許されません。まさに他者との関係により同調的になり、忖度するものが正しい世界に様変わりしたというわけです。しーんと静まり返った劇場の原点は不思議なことにこの開国期から現在に至っているのだと思われます。すなわち、「同調圧力」(周りに合わせ失敗を許さぬ雰囲気)の始まりは欧米化に対する「過剰適応」の結果だったのではないかと推察します。現在現実の欧米の劇場はそんなことはないのね。故に過剰適応だと思う。

    日本の学校教育はまさにこの「同調圧力」の路線に乗っかって行われています。

    僕らの頃(昭和期)も、今もなお、教師たちは心を込めて「失敗のないよう」に指導したがります。生徒に失敗しないように指導することが正しいらしい。したがって、生徒から見れば、失敗したり間違うことは「良くないこと」なので、極力それを避けようとします。その結果、顔色をうかがうようになり、声は小さくなり、目を合わせず、言い直すことを極端に嫌がり、間違うよりも無解答を選ぶようになります。

    同調圧力というのは様々な形を伴いますが、間違わないように、あらゆることを消極的に行うという姿勢もまた、ひとつの同調圧力の結果ではないでしょうか。

    教師は生徒に失敗しないように指導する。生徒は失敗したり間違えたりすると叱られるので声を控え、冒険はしなくなり、常に周囲の目や評価を恐れるようになる。これは生徒のみならず教師も同じではありませんか?そして、日本社会全体がこの傾向に陥ってはいませんか?常にあらゆることが「消極的」に進んでいくこの傾向に。

    ニヤニヤ笑いながら要領の良い人間が尊ばれ、要領が悪く時間のかかる人間は顧みられない社会。

    これは大きく間違っている。

    「失敗や間違いが許されない」ということが間違っている。

    「大多数に所属していれば安心」という態度が間違っている。

    いい歳をして青臭いと思われる向きもあるかもしれませんが、僕には最近の目に余るこうした間違いを許さない風潮がどうにも我慢がなりません。

    間違いや失敗はない方がいいに決まっていますが、間違いや失敗がなければ僕らは何も学べません。試行錯誤以外に学ぶ手段はないのですから。

    しかし、間違いや失敗を恐れる気持ちが固定化すると、試行錯誤が不可能になり、全てにおいて消極的になり、思考力も衰え、判断力は減退し、簡単に被支配層に転落します。

    その意味で、まさに現代の「恐れる傾向」は新自由主義的経済帝国主義には欠かせない支配ツールになっているのでないかと僕は思っています。ここにきて明治開国以降の世界的経済支配が完成しようとしているわけですが、その中でもう一度試行錯誤する勇気を認識し獲得することは、本当に重要な意味があると考えます。

    現在、新しい政権が、そのスローガンの冒頭に「自助」を掲げています。

    それは、数十年ほど前から顕著になった「自己責任」の謂であります。自己責任はとても大切な考え方ではありますが、これもまたとても支配層には都合の良い言葉になっています。この言葉もまた「恐れる気持ち」を強めています。すなわち、この世のすべてが自己責任なのだから、失敗や間違いは絶対に許されない、と暗に教育しているわけです。恐れる気持ちは創り出されているのです。創造された恐れに僕らはひたすら怯えているのが現状なのではないでしょうか。

    コロナもテロも自然災害も、まったく支配層に都合の良い目に見えない恐怖を僕らにもたらしています。目に見えないわけですから、ひたすら恐れて、あらゆることがに対して消極的にならざるを得ません。

    2001年のテロの恐怖、2011年の地震と津波の恐怖、2020年のコロナのウィルスの恐怖、このところほぼ十年ごとに偶然のように繰り返される目に見えない恐怖によって、人々は世界中で恐れることが日常してしまっているようです。

    確かに、こうした恐怖の源は世界のいたる所にあり、恐れずにはいられません。ですが、「恐れること」や「怖がる態度」だけでは決して防御の姿勢とは言えないのではないでしょうか。

    むしろ、本質的恐怖と向き合うために、TRIAL & ERROR(試行錯誤)を繰り返し正しく間違い、正しく失敗し、正しく分析を重ねる方が意味があるのだと思います。

    失敗や間違いを恐れるあまり、そして自己責任を回避しようとするあまり、更に他人からの評価を下げたくないあまり、目の前の問題を本質的に分析することさえできなくなっている、というのが現状のような気がします。

    そして、現在コロナがその消極性を更に後押ししてるというところではないでしょうか。罹患者を悪戯に責めたり、マスク警察の行動や、有名人に対する攻撃を面白がるという風潮は、激しさを増しているのではないかな。それもすべては訳もなく怖いから。

    それ故に、はっきりしているのは、無闇矢鱈に恐れないこと。失敗や間違いを気にして消極的になり過ぎないこと。むしろ、失敗や間違いを体験することの方が価値あるプロセスであることに気が付きたい。

    人の目を意識するあまりに攻撃的なるのはやめたい。むしろ自らの痛みから想像力を育むことで災厄から最終的に身を守ることになるのではないかな。

    まず完璧主義をやめる。

    失敗と間違いを楽しむ。

    自己責任を人に押し付けない。

    不安を他人に向けた攻撃に転化させない。

    これまで受けてきた教育の内容と常識をもう一度疑うこと。

    僕たちはこの百年以上もの間に、見事なぐらい、絶えず怯えた消極的で無責任な他動的な状態を恒常的にしてきたのだと思うな。

    この世には、あたり前のことだが、誰一人完璧な人間もいないし、だからといって不完全に開き直る必要もないが、堂々と失敗し間違い、それを意味あるものとして経て、自己の体験を積んでいけたなら、現在のような萎縮し、いじけた世界を乗り越えられるのではないかな。理想論かもしれないが、まずは「試行錯誤」を日々の基本に据えたいと僕は思います。

    間違ってこそ人生。失敗してこそ人生。

    だから、君よ、恐れることなかれ!明日は明日の風がふくからさ。

    View Full
  • 『沖縄空手🥋』
    本日は、空手🥋の体験レッスンへ!
    .
    子どもたちが活き活きしている空間は、良いですね!😄
    .
    ゴールデンエイジ期に大切な要素はスポーツで学ぶ。
    .
    #空手
    #体験
    #ゴールデンエイジ期
    #教育
    #全国大会
    #世界大会
    #伝統文化
    #遊び
    #子ども
    #琉球文化


    https://www.instagram.com/p/CFhc7GwDOWC/?igshid=4mlvzj58ob4s

    View Full