#監督 Tumblr posts

  • 山田洋次監督 新作「男はつらいよ お帰り 寅さん」

    大入袋 

    松竹株式会社 

    View Full
  • image


    2017年12月にスポルチ・ヘシーフェはネルシーニョ・バプチスタの新監督就任を発表した。ネルシーニョは2008年と2009年の州選手権2連覇と2008年の歴史的なコパ・ド・ブラジル優勝の黄金期以来の復帰となった。しかしながら、今回の復帰では思うような結果を得られなかった。ネルシーニョはフロントとの確執の末に4か月で辞任を申し出た。彼にとってスポルチがセリエBに降格した現在の状況は驚きではないようだ。

    「スポルチはもっと進化していると思っていたので、驚きだった。その代わりに就任してから劣化していることに気付いた。彼らは10年前と同じ考え方でやっており、プランもなければ決断もしなかった。”さあ、あれをやろう。我々はこれができる。さあ約束しよう”そう言うだけで、降格しかけた2017年のチームからさらにレギュラーの選手を7人失っていた。その事をフロントと話した。チームに残りたくない選手たちもいたし、移籍すべきオファーを受けた選手もいた。だから仕方ないと思ったが、スポルチに合流してみたら選手たちの給料は2か月間払われていなかった。どうやって給料をもらっていない選手たちとやれば良いのだろう?ピッチに入っても走らないかも知れない。いや、ピッチに入るし、走りもするけど、前向きに考えられないから、進化はないんだ」とネルシーニョは語った。

    ネルシーニョにとってはスポルチの衰退の原因は元副会長のギリェルメ・ベルトランだった。「ひとりの幹部がいる。隠すことができないから名前を具体的にあげたいのだけど、記者会見で彼の前で話した。10年前にやっていた事を今でもやってるんだ。だから彼に”お前は失敗するよ”と伝えたんだ」

    「プランがないんだ。3つの大会を戦うのに何もプランがない。私見だが、クラブ幹部は情熱を持っていなければならない。ブラジルはとても単純だ。失敗して、監督を首にして、さらに次の監督を首にして・・・。こんな状況でどうやって働けと言うんだ。そしてある日突然”ロッカールームでのコントロールを失った。もう選手に対する力は残っていない”と言われて、首になる。彼らは責任を取ることはなく、クラブは結果的に苦しむことになる」


    ブラジルでのサイクルは終わった。「もう既にやることはやった」

    11月にネルシーニョは柏レイソルに復帰することになった。彼は3年間の契約を結び、結果的にブラジルでの監督としてのキャリアを終えることになった。

    「もう私はブラジルサッカーにうんざりしている。スポルチでの状況にがっかりしているが、それは一例に過ぎない。もうブラジルのビッグクラブを指揮することはない。レイソルとは3年契約を結び、それが終わるときには71歳になる。ブラジルに戻る時はもう休みたいと思った時だ。もう自分のすべき事はした。だけど何らかの形でサッカーに貢献したいとは思っている」とネルシーニョ。

    「ブラジルサッカー界は常に危機に瀕している。ある年は調子のよかったクラブが、次の年にはダメになって、議論になる。チームが成長して進化するための組織に欠けている。場合によってはお金は必要ない。例えばボタフォゴ・サンパウロが良い例だ。ダメになりかけて、組織を立て直した。それがブラジルサッカーが必要としていることだ。ヨーロッパや日本でスタジアムに行くと、人々が何かのイベントに行くかのように見える。きれいな服を着て、穏やかだ。だけどブラジルは違う。我々のサッカーは情熱だ。もっとボロイ服を着ている。だけど我々はブラジル人がサッカーに感じている情熱を奪う事はできない」

    「日本では68歳の私の経験が理由で3年契約を締結した。ブラジルでは私は歳を取りすぎていると言われている。70歳で能力を見せつけたフェリポンのようでなければならない。(若い世代の)ホージェル・マシャードやエドゥアルド・バプチスタは経験は足りないが、まだ時間がある。それぞれがそれぞれの状況を生きている。例えば、日本でかつて柏レイソルを率いていた時、組織を作ってJ2からクラブワールドカップに至るまで勝ち続けた。だから社長をからかった。彼は”ネルシーニョ、日本人監督にチャンスをあげたいから、あなたとは契約を更新しないよ”と言ったんだ。だから私は ”いいですよ。あなたたちは全ての権利を持ってますから。契約は終わりです。ただ私はガソリンスタンドにガソリンを入れに行くつもりはない。あなたのためにタンクは満タンにしたままで去ります”と話した。彼は目を丸くしていたけど、私は”いつか私の言う事が理解できる日が来るでしょう”と話した。そして今回、一か月前に彼が私に連絡してきた時、彼は”あなたに謝らなければならない”と言う。”なぜですか社長?”と尋ねると彼は”ガソリンスタンドを見つけようとしたんだけど、見つからなかったんだ(笑)”と答えた。そこで私は”いいですよ。あなたはもう一度、燃料を足すために私を呼んだのでしょう(笑)?だから大丈夫ですよ”と話しました。

    View Full
  • お住まいの地域:三重県 /リフォーム内容:外壁・屋根リフォーム /使用塗料:ラピス

    現場監督さんに細かい所までいろいろやってもらい、感謝しております。ありがとうございました。

    View Full
  • 6月10日横浜開港記念館で開催された済生会横浜市南部病院主催の「済生会フェア」にて横浜DeNAベイスターズ前監督であり野球解説者の中畑清さんのトークショーMCを務めさせて頂きました。


    約70分のトークショー最後までスタンディングで監督時代の秘話や「チャレンジし続ける事」の重要性、これからのベイスターズのお話しなど笑いも交えてパワフルにお話ししていただきました!

    人生まだまだこれから!中畑さんのその熱い姿勢にとっても胸を打たれました(^ ^)

    View Full
  • お住まいの地域:三重県 /リフォーム内容:外壁リフォーム /使用塗料:ラピス

    職人さんはとても親切、丁寧にしてくれ、監督もよく気が付きよかった。ありがとうございます。

    View Full
  • コリンチャンスの若き指揮官ファビオ・カリーリが退団。サウジアラビアのアル・ワフダの監督就任へ。
    ファビオ・カリーリはコリンチャンスの助監督だった2016年にチッチ監督のブラジル代表監督就任をきっかけにコリンチャンスの監督に就任。若干43歳、監督経験のないカリーリにブラジル最大のクラブ、コリンチャンスを率いる事は荷が重いと見られたが2017シーズンには低かった下馬評を覆してブラジル全国選手権を制覇。一気にブラジル国内トップの指揮官となった。今シーズンも戦力不足ながらライバル、パウメイラスを下してサンパウロ州選手権を制覇。サポーターに惜しまれつつコリンチャンスを去る。
    ちなみにカリーリは全く飲酒をしないそうで、戒律の厳しいサウジアラビアでも問題なく暮らせそうだ。
    #コリンチャンス #ファビオカリーリ #監督

    View Full
  • お住まいの地域:兵庫県/リフォーム内容:外壁リフォーム/使用塗料:ラピス

    営業、現場監督の方が親切で丁寧でした。毎日、顔を合わせたり連絡して頂き、気になる事がすぐ言えるので信頼出来ました。

    View Full