#超ときめき宣伝部 Tumblr posts

  • gifchiku2
    17.01.2021 - 3 monts ago

    菅田愛貴 (suda aki)

    View Full
  • reyepkaiser
    30.12.2020 - 4 monts ago

    Added « トゥモロー最強説!! - LIVE at Saitama Super Arena 2020/8/23 » by 超ときめき♡宣伝部 (from « 「よ〜し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(LIVE at Saitama Super Arena 2020/8/23) ») to my Spotify playlist « New Sounds of Japan » #jpop 🗾🎶 https://open.spotify.com/playlist/6ITw0LEjdZne0uqE0t13g6 https://open.spotify.com/track/5m7kbxpCxUQ0Iv4hL6mymB

    #超ときめき♡宣伝部 #「よ〜し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(LIVE at Saitama Super Arena 2020/8/23) #トゥ
    View Full
  • dailyjidols
    23.12.2020 - 4 monts ago
    View Full
  • jpopstreaming
    01.09.2020 - 8 monts ago

    🆕 I just added « わたし、ナンバーワンガール! » by 超ときめき♡宣伝部 to my #Spotify playlist "New Sounds of Japan" (updated weekly) Please subscribe ⏩ https://open.spotify.com/playlist/6ITw0LEjdZne0uqE0t13g6

    View Full
  • dailyjidols
    03.06.2020 - 11 monts ago

    chou tokimeki sendenbu’s single tomorrow’s strongest theory is out today!    

    View Full
  • gifchiku2
    23.05.2020 - 11 monts ago

    菅田愛貴 (suda aki)

    View Full
  • maiasada
    20.01.2019 - 2 years ago

    写真うつり

    写真というのは時間を閉じ込めていて、見る度にうわあああとなるのだが、小さい頃から現在を見るだに、2〜4歳くらいの自分のほうがなんだろう、きちんと自分を主張している写真な気がする。 以前人に、「学生時代の君の写真、基本ボンヤリしてる」と言われたのだが、確かにそう。だんだんクッキリしてきていいようなものなのに、超ぼんやりしている。特に高校時代、酷い。仮にも演劇部に入って、(一応)自分の主義主張が芽生えてきている(であろう)のに、写真の自分は基本ぬぼーっと突っ立っている。うまく映る気ゼロな上に、考えている事が見えない。なんなの思春期じゃなかったのなんなの。

    自分の思春期を考えるだに、まあ世のひとびとたちが繰り広げて来たであろう確執みたいなものは私も通り抜けてきたように思うのだが、(あまり思い出したくない)まあでも高校時代は色々暴走したような気がしていたけど、そんなにだったのかもしれない。切りとられている私、ぬぼーっとしてるし。

    恐らくだけど、顔がしっかりしてきたのは大学2回生を超えてから。そのへんで、なんだろう、生きてくという自分への確執が生まれた・・・ような・・・気がしている。あと、単純に中・高校とは数倍の人と出会えたのもあるんだろう。狂言と映画と演劇の3足の草鞋を履いていたので。

    それにしても、自分の写真を眺めて、なんと写真写りの悪いこと悪いこと。個人的に、宣伝用の写真を撮ってもらいたいと勝手に決めている人たちがいるのだけれど、その人たち以外に撮ってもらったアー写とかもう目も当てられない。いや万人にちゃんと撮られなくちゃいけないんだけど。甘えてちゃいけないんだけど。昔から写真写りが本当に悪いのだけど、今年、克服できんかな。

    View Full
  • musicmatome
    05.05.2021 - 1 week ago
    View Full
  • traveller1973
    05.05.2021 - 1 week ago

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    ニューズウィーク日本版

    <コロナ危機が始まって一年、既得権益との戦いも国民的な議論もなく、ただただ戦いから逃げてきた結果、日本は大変なことになっている>

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    「感染状況次第では五輪中止もありうる」という当たり前の一言さえタブーで言えない異常さ Issei Kato-REUTERS

    私は、日本に絶望した。

    第一に、コロナ危機はいまや日本だけだ。世界ではコロナ危機は過去のものとなり、いまだに苦しみ、先が見えていないのは、インドと日本だけだ。【小幡績(慶應ビジネススクール准教授)】

    第二に、オリンピックなどという不要不急、重要性の低いイベントに国が囚われてしまっている。物事の優先順位がつけられない国は、普通は、滅亡する。歴史においてはそうだった。

    第三に、専門家も政治家も嘘ばかり付いている。意図的な嘘なのか、物事をあまりに知らなくて間違っているだけなのか、よくわからないが、いずれにせよ、当たり前のことすらまったくわかっていない。間違ったことを言い続けている。

    <誰も何もやる気がない>

    第一の点は、3つに分けられる。1)コロナ対策そのものが最悪だし、2)医療体制は整っているはずなのに、実効性が低く、3)コロナ危機の程度が軽いにもかかわらず、経済への悪影響は、世界最高水準。悪い、悪い、悪いの三拍子だ。

    日本のコロナ危機は、ワクチンの遅れと、イギリス型変異ウイルスが理由と思われているが、そうではない。変異ウイルスは世界中で発生しており、それは警戒が必要ではあるが、どの国も同じである。第二に、韓国でもワクチン接種は欧米よりも遅れている。当たり前だ。欧米の新型コロナによる死者と東アジアでの死者の数は比較にならず、緊急性の高い欧米、イスラエルで進んだだけで、感染者が少ない日本で、ワクチンが欧米よりも遅れるのは当たり前だ。

    問題は、コロナ対策が、実際にはまったく何も行われていないことにある。

    スマートフォンの感染者接触アプリCOCOAもデジタル庁もどこかに消えてしまい、保健所のDX(デジタルトランスフォーメーション)も導入したが、機能していない。検査も増えない。

    医療の体制も混乱の極みだ。政府そしてとりわけ知事たちはこの1年、テレビに出る以外に何をしてきたのか。

    医療体制が混乱しているのは、医療システムを社会全体のために動員する仕組みもやる気も存在しないからだ。とりわけ、やる気のほうが大きい。

    病院と医師たちは、一部(せいぜい半分)の良心的で献身的な人々の善意、ボランティアに依存するばかりで、過半の病院と医師たちは新型コロナと無関係である。コロナに追われて手薄になった病院や医師たちをフォローする体制もないし、一肌も脱がないし、これをチャンスとばかり儲けようとして、結果的に社会に貢献することもない。

    怪しいPCR検査、簡易検査の広告が出るぐらいで、触らぬウイルスに祟りなし、といった雰囲気だ。

    残らされた道は自衛だけ

    しかし、病院と医師が自発的に動かないと文句を言っていても仕方ないし、それこそが政府と知事たちの役割で緊急動員体制を作るのが仕事だ。政治家たちは、医師会に気兼ねして何もできず、裏取引や利益誘導をして動員する度量もリスクテイクも悪知恵も野心もない。きれいでも汚くてもどっちでもいいから仕事のできる政治家が必要だ。仕事がとにかくしたい、と言っていた総理はどこへ行ったのか。

    しかし、いまさら政治を批判していても仕方がない。この20年衰退の一途だった政治にいまさら期待するほうが間違いで、人々は自衛するしかないし、それが当然のサバイバル術だ。ところが、人々は、恐怖と欲望に支配されて、政治家並みに見るも無残な有様だ。

    緊急事態宣言は何の効果もないが、1回目は絶大な効果があったように見え、2回目はそれほどでもないが、多少影響があったように感じられ、3回目の今回は、誰がどう見ても効果ゼロだ。

    しかし、1回目の効果に見えたのは、緊急事態宣言ではなく、自称有識者が、ロンドンとニューヨークの危機を吹聴して、ことさらに人々を脅し、専門家までが、極端な8割削減、死亡者数数十万と、こちらも煽って、人々を恐怖に陥れたからだ。

    <恐怖で麻痺した個人消費>

    そして、芸能人が死亡し、人々、とりわけ高齢者は死に怯え、恐怖が彼らを支配し、日本は自粛に包まれ、街は静まり返った。一方、若者たちは、緊急事態、コロナ危機を、初めてのハロウィンのように、目新しいイベントとして受け止めた。知的な大人を自認する意識高い系の人々にとっては、自粛を推奨すること、欧米の危機を伝えることが知的な作業と感じ、手当たりしだいの情報をSNSで拡散し、自己満足し、その結果、高齢者を恐怖に陥れた。

    つまり、高齢者は恐怖に支配され、若者たちは、イベント参加あるいは知的自画自賛に陶酔するという欲望に身を任せた。これが1年前であった。

    2回目の緊急事態宣言は、政治がGoToなどで迷走する中、何の意味も持たなかったが、東京の新規感染確認者数が一日で2000を超えた、というその2000という数字が人々を恐怖に陥れ、再び恐怖が社会を支配し、年末年始の日本は自粛が支配した。

    しかし、3回目は何も効かない。唯一効果があるのは、変異ウイルスの恐怖で、それを政府が意識的にか無意識にか利用し、多少の効果を収めた。恐怖で人々の行動を制限したのである。

    この結果、経済は最悪となった。

    海外輸出は好調で、企業はDXなど好景気に沸く企業も多いが、個人消費関連は、特にサービスセクターで壊滅状態である。なぜなら、実際のコロナ危機とは無関係に、また外出禁止も小売店営業停止もないにもかかわらず、日本の消費の中心である高所得者層や小金持ちの小資産家層は中高年であるため、恐怖に支配されて動けないからだ。個人消費は激減した。そして、株式投資だけが盛り上がった。

    右往左往するだけの国民

    一方、自粛というイベントに飽きた若者層は、旅行でも外食でも行きたかったが、カネがなく、GoToキャンペーンという税金補助もなくなったので、一気にカネを使わずに、路上飲みや友人宅でパーティーを行った。サービス消費経済は大きく落込んだのである。

    日本経済がこれだけ危機に陥り、社会は恐怖に包まれているのに、なぜか、政府はオリンピックに躍起になり、すべてを差し置いてオリンピック優先である。GoToは世論の逆襲にあってやめたが、なぜか聖火リレーは続けられ、会食禁止、集まり禁止と言いながら、芸能人を多数起用し、ギャラなしでオリンピックを盛り上げるイベントに動員し、沿道にミーハーな人々の密を作った。

    そして人々は、政府の緊急事態宣言もワクチン戦略もすべてはオリンピックのためだと解釈し、非難し、飲食店の人々はとりわけ怒りに燃えた。それにもかかわらず、もちろん感染状況次第ではオリンピックはできません、しかし、その最悪の事態にならないように全力を尽くしますと言えばいいだけなのに、オリンピックができないこともありうるというのは禁句で、何があっても触れない、という態度が、人々の政治不信を加速し、自粛要請に対する反発を高め、今後の政府の分析、説明、呼びかけ、すべての効果をさらに失わせている。

    ただ一言、感染状況次第と言えばいいだけなのに、頑なに否定し、自分たちの権力の影響力を低下させることをあえてやっている。馬鹿なのか、利害関係からオリンピックをどうしてもやりたいという気持ちに正直すぎるのか、いずれにせよ、意味不明で、この些細なイベントにより、政策の優先順位がすべて混乱している。

    <ワクチン接種では公平性に拘る愚>

    コロナワクチンの話もそうだ。とにかく、早く多くの人に打つことが重要であるにもかかわらず、隣町との公平性が重要で、市町村にどう割り振るかで揉めている、誰に打つかで揉めている、不手際はいちいち批判される、まったく行政の効率性は最低レベルである。

    一方、人々も、副作用に過剰反応し、申し込みにも殺到し、感情的にしか行動できない。優先順位が間違っている。とにかく、早く大勢に打つことが重要で、自分が打とうが、周りが打とうが、効果はあるのだから、全員が打ち終わるのを早くすればよい。公平性は後だ。

    しかし、最大の問題は、政治家も専門家も、間違ったことばかり1年も言い続けている。これが最大の問題だ。

    まず、感染リスクについてすら、いまだに通勤電車の混雑を減らせ、テレワーク7割などと言っている。ソーシャルディスタンスや三密など、すでに間違いだったことがはっきりしたことを誰も訂正しないどころか、いまだにそれを主張し続けている。

    太平洋戦争と同じ思考停止

    これが人々を愚かにさせる。唾液の飛まつだけだから、しゃべらなければ移らない。スーパーのレジで並んでいると、裕福そうな初老の女性に、いきなり振り向かれて、ソーシャルディスタンスと叫ばれ、私が70センチに接近していることを殺人未遂であるかのように非難する。貴方の叫びによる飛まつが一番危ないのだが、と思い、マスク越しであっても飛まつが一切でないように、黙って肩をすくめると、鬼のような形相でどこかへ行ってしまった。

    しかし、最大の嘘は、日本の法体系では、強制力を持った措置が取れない、と政治家も有識者とやらも、知ったような顔でそれを大前提として議論をしていること。それは嘘だ。

    <ロックダウンも可能だった>

    憲法、基本的人権において、欧米と日本の法的な制限の差はない。いわゆる欧州大陸法と英米法(コモンロー)とで、法律の書き方、裁判制度などは異なるが、基本的人権の制限に関する差はない。実際、フランスでもドイツでもイギリスと同じように行動は制限され、外出は禁止されている。

    単に、日本においては、特別措置法で、その規定がない、と言うことに過ぎない。なければ、作ればよい。特措法改正をしたときに、もっといろいろできるようにすればよかっただけだ。それは、医師会や世論が怖くて、できない、面倒だからしない、それだけのことだ。

    1年間、国会でも戦わず、医師会とも戦わず、世論とも戦わず、政治も政府も何もしてこなかった。それを誰も責めなかった。むしろ、行動制限には補償がセットで必要だと、訳知り顔で政府を攻撃する。そんなことはない。社会秩序、社会全体の保健衛生上の危機がある場合には、一般的な規制をすることは憲法違反にならない。個別の措置は、憲法違反になる可能性があるが、それは裁判をやって判断するだけのことだ。

    百貨店だけに休業を命令するのは明らかな憲法違反だが、特定の地域の人々全員に外出を禁止するのは憲法違反でない。小売店すべてに休業命令を出すのも違反でない。飲食店すべて休業命令を出すのは、違反でないと思われるが、飲食店の側で争う余地はある。

    しかし、それは議論しなければ結論は出ない。裁判所であれ、国会であれ、メディアであれ、どこでも議論を戦わせずに、戦いから逃げてきた1年間。政治もわれわれも。それが、現在の結果をもたらしている。

    そして、この戦いから逃げる姿勢は現在も継続している。太平洋戦争も同じだった、ともいえるだろう。

    つまり、日本は絶望的で、望みがないのではないか、と思ってしまうのである。

    View Full
  • musicmatome
    04.05.2021 - 1 week ago
    View Full
  • musicmatome
    03.05.2021 - 1 week ago
    View Full
  • musicmatome
    02.05.2021 - 1 week ago
    View Full
  • musicmatome
    01.05.2021 - 1 week ago
    View Full